Mark Hammer's blog

SalesforceやTrailheadに関する情報を投稿しているブログです。

Salesforce Tips: Sandboxを使わずにSpring'19を一足先に体験する

メジャーバージョンアップを本番組織リリースより前に体験する

Salesforce Spring'19リリースが目前に迫っています。
現時点では、日本で主に使われるAPxインスタンスのリリース日時について、2/10 AM1:00頃予定のインスタンスと2/10 AM2:00頃予定のインスタンスがあるようです。

このメジャーバージョンアップを本番組織リリースより前に体験したい場合、通常はSandboxプレビューを使用します。
Sandboxプレビューとは、Sandboxインスタンスの一部に対し本番インスタンスより先にメジャーバージョンアップを適用することで、本番組織がバージョンアップする前に新バージョンでの動作を確認することができるものです。
これにより、リリース予定の新機能を体験することができます。

さて、このSandboxプレビューに参加するには、本番インスタンスより先にメジャーバージョンアップされるSandboxインスタンスに、Sandboxを用意する必要があります。
このSandbox作成は作成タイミングによりルールがあり、Spring'19では

  • 2019年1月5日 5時までに作成完了したSandbox:Sandboxプレビュー対象インスタンスにSandboxが作成される
  • 2019年1月5日 5時以降に作成完了したSandbox:Sandboxプレビュー対象外インスタンスにSandboxが作成される

となっていました。
つまり、今Sandboxを持っていないユーザがこれからSandboxを作成しても、Spring'19が適用されたSandboxインスタンスにSandboxを作成することはできないのです。

今からSpring'19を体験する方法

ではSandboxがない人はもう本番環境リリース前にSpring'19を体験できないのか、というと、1つ方法があります。
それは、Spring'19 Pre-Release組織の申込サイトからトライアル組織、またはDeveloperEdition組織を作成することです。
Spring'19は、なぜか申込サイトがGoogle等の検索結果に表示されないようになっています。(Winter'19は検索結果に表示されました)

申込サイトからは、Spring'19が適用された以下組織を入手できます。

  • Professional Edition、 Enterprice Editionのトライアル組織
  • Developer Edition組織

Pre-Release組織の注意事項

  • 申込サイトから入手できる組織は、GS0インスタンスという、(おそらく)Pre-Release専用インスタンスに作成されます。
    このインスタンスはSalesforce Trustサイトでは表示されないので、バージョンや稼働環境は確認できません。
  • 申込サイトから入手できる組織はトライアル組織か新規DeveloperEdition組織なので、当然データや設定は初期状態のものになります。
    本番組織をカスタマイズしている場合、本番組織の設定やデータをコピーできるSandboxプレビューと同等の確認は難しいです。
    • 手作業等でコピーすればできるかもしれませんが、作業量を考えるとおすすめはできません。
  • Developer Edition組織の場合、作成した組織をずっと保有しておけば今後のSummer'19、Winter'20もSandboxプレビューとほぼ同じタイミングで体験できます。
    • Professional Edition、 Enterprice Editionのトライアル組織は有効期限が60日となっているため、Summer'19の前に無効化されます。

終わりに

今回は、Sandboxプレビュー以外にSpring'19を一足先に体験する方法を記載しました。 参考になれば幸いです。