Mark Hammer's blog

SalesforceやTrailheadに関する情報を投稿しているブログです。

Trailhead モジュール:Service Cloud マクロ

※この内容は2018/3時点のものです。

マクロの使用開始

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/service_macros/units/service_macros_define

  • 説明:日本語
  • Challenge:日本語選択問題

マクロを使用するためのサービスコンソールの設定

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/service_macros/units/service_macros_setup

  • 説明:日本語
  • Challenge:日本語選択問題

マクロの作成と実行

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/service_macros/units/service_macros_create

  • 説明:日本語
  • Challenge:英語ハンズオン

Challenge要約

不明点がある場合はChallenge共通のトラブルシューティング(英語)このモジュールのヘルプページ(英語)を参照してください。

  • 前のユニットのステップをまだ実行していない場合は、「メール-to-ケース」の有効化、コンソールへのマクロブラウザウィジェットの追加、システム管理者プロファイルにコンソールのアクセス権の付与を実施してください。
  • あなたの組織で件名が「Design issue with mechanical rotor」であるケースを検索してください。同じ件名のケースが複数ある場合は削除するか件名を変更し、1つにしてください。
  • マクロを作成してください。マクロ名は「Case Response Email Template」としてください。
  • マクロ命令に「有効なケースタブを選択」→「メールアクションを選択」→「メールテンプレートを適用」を追加し、メールテンプレート:「Support: Case Response」を設定してください。
  • 件名「Design issue with mechanical rotor」のケースを表示させ、作成したマクロを実行してください。
  • メールの本文に「The Macros Team is working on your case」を追加してください。
  • メールを送信してください。

一括マクロの作成と実行

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/service_macros/units/service_macros_bulk

  • 説明:日本語
  • Challenge:英語ハンズオン

Challenge要約

不明点がある場合はChallenge共通のトラブルシューティング(英語)このモジュールのヘルプページ(英語)を参照してください。

  • このChallengeの前に、このユニットの「複数のレコードに対して実行する元に戻せないマクロの作成」で説明している「状況の変更」アクションを作成し、ページレイアウトに追加してください。
  • マクロを作成してください。マクロ名は「Add Packaging Issue Note」としてください。
  • マクロ命令に「有効なケースタブを選択」→「状況の変更アクションを選択」→「説明を置換」を追加し、置換後の説明として「Related to February Packaging Issue」を設定→「アクションを送信」の順で追加してください。
  • 最低2つのケースで作成したマクロを実行してください。