Mark Hammer's blog

SalesforceやTrailheadに関する情報を投稿しているブログです。

Trailhead モジュール:Apex トリガ

※この内容は2018/3時点のものです。

Apex トリガの使用開始

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/apex_triggers/units/apex_triggers_intro

  • 説明:日本語
  • Challenge:英語ハンズオン

Challenge要約

カスタム項目の値によって「郵便番号(請求先)」項目を「郵便番号(納入先)」項目に合わせるApexトリガを作成してください。

  • Apexトリガの名前は「AccountAddressTrigger」としてください。
  • 取引先オブジェクトに新しくカスタムチェックボックス項目を作成してください。チェックボックス項目の表示ラベルは「Match Billing Address」、項目名は「Match_Billing_Address」としてください。API参照名は「Match_Billing_Address__c」となります。
  • Apexトリガ「AccountAddressTrigger」が有効で、「郵便番号(請求先)」項目に値があり、チェックボックス項目「Match_Billing_Address__c」にチェックがある場合、「郵便番号(納入先)」項目に「郵便番号(請求先)」項目の値を挿入、または更新するようにしてください。

一括 Apex トリガ

https://trailhead.salesforce.com/ja/modules/apex_triggers/units/apex_triggers_bulk

  • 説明:日本語
  • Challenge:英語ハンズオン

Challenge要約

フェーズが「Closed Won」となった商談にToDoを追加するApexトリガを作成してください。

  • Apexトリガの名前は「ClosedOpportunityTrigger」としてください。
  • Apexトリガ「AccountAddressTrigger」が有効で、フェーズが「Closed Won」の商談を追加、または更新した場合に件名が「Follow Up Test Task」であるToDoを作成してください。
  • ToDoを商談に関連付けるには、商談IDを「WhatId」項目に設定します。
  • このChallengeでは1回の操作で200レコード分のテストを行います。